アパマンショップの運営元はどんな会社?

日本最大級のネットワークを持つ賃貸不動産斡旋業者「アパマンショップ」は、どんな会社が運営しているのでしょうか?運営会社の事業内容や沿革、CSRなどに注目してみました。

APAMAN株式会社の事業内容は

APAMAN株式会社が行っている事業内容は、主に三つの分野に分けることができます。一般的に不動産関連の事業を行っている企業だと思われてることも多いと思います。しかし実際は、それ以外にも手広く業務を行っていることが分かります。それぞれどんな内容なのか紹介いたします。

<シェアリングエコノミー>

一つ目がシェアリングエコノミーです。一つの財産を、複数の人でシェアし有効活用するためのプラットフォームを考え、事業として展開しています。身近な例で言うと、シェアバイクやシェアパークです。シェアバイクは、自転車をシェアし、街中のあらゆるところで貸し出し、返す時も近くのステーションに返せばよいとうサービスです。自分で自転車を持たずとも、簡単に借りることができ、返す時も手間いらずです。他にもシェアパークビジネスがあり、空き地を有効活用し、多くの人に駐車場として利用してもらう事業もあるようです。駐車場が増えることで、渋滞緩和や違法駐車対策にも役立てることができ、多くの人に喜ばれます。シェアリングエコノミーは、財産をシェアし有効活用することで、人や社会に貢献する、そんな事業内容だといえるでしょう。

<プラットフォーム>

プラットフォームは、主に賃貸斡旋や賃貸管理です。代表の大村浩次が語るように、多くのステークホルダーがAPAMANを不動産会社と認識しているのは、不動産事業が最も有名だからでしょう。アパマンショップはCMでも放送されています、大抵の主要駅の駅前にはアパマンショップの看板を見かけます。アパマンショップは主に賃貸の斡旋事業ですが、他にもオーナー様に対して賃貸経営をサポートしたり、入居者に対してトラブル対応なども行っているそうです。賃貸に関して幅広く対応しているのが、プラットフォーム事業です。

<クラウドテクノロジー>

Iot、AI、BIG DATAなど、近年急速に発展しているテクノロジーを基盤とした事業が、クラウドテクノロジーです。大村浩次も、APAMANは創業時、WEBやクラウド等のテクノロジーを提供する企業だったと語っており、もともと強みを持っている分野であると言えるでしょう。展開している事業はとても幅広く、AIで物件紹介したり、クラウドによって顧客分析や顧客増加を図るなど、不動産事業にも関係しているようです。

今までにない賃貸サービスが生み出される可能性がある分野であり、実際に大村浩次は、今まで想像できなかったサービスが実現していると手応えを感じているようです。

株式会社APAMANでは、「シェアリングエコノミー」「プラットフォーム」そして「クラウドテクノロジー」の三つの事業を基盤としています。時代のニーズに合わせて常に変化していく企業であり、今後はテクノロジーを核として新しいサービスを生み出すことに期待されています。

管理人が選ぶサイト◇◇◇大村 浩次 (@KOJI_OMURA) | Twitter