アパマンショップの運営元はどんな会社?

日本最大級のネットワークを持つ賃貸不動産斡旋業者「アパマンショップ」は、どんな会社が運営しているのでしょうか?運営会社の事業内容や沿革、CSRなどに注目してみました。

企業の社会的に責任についての考え方

企業は、事業やサービスを展開し、収益をあげればよいわけではありません。企業の活動を通じて、どのように社会的責任を果たしていくかも問われる時代になりました。APAMAN株式会社では、そして、代表の大村浩次は、CSRについてどのように考えているのでしょうか。

<企業の社会貢献が広がることで日本を良くする>

人がいて社会が成り立ち、社会があって企業は存在できる。だからこそ、企業は人や社会に貢献し、必要とされる存在でなくてはならないとAPAMAN株式会社では考えているそうです。企業の判断基準も、自社の利益だけではなく、企業活動によって、どれぐらい社会に役立つことができるのかを考えなければなりません。

また、利益をあげることも大切ですが、その一部を社会へ還元し、よりよい日本を創っていくことも大切です。

常に企業の利益と社会の発展は表裏一体であり、社会貢献し続けることこそが、企業としての責任です。これが、大村浩次の考えであり、会社としての考えだと表明しています。

<少子化問題に対する貢献>

では、実際にどんなCSRを行っているのでしょうか。主に三つの分野で貢献しています。一つ目が、少子化対策です。今日本では少子高齢化が進んでおり、それが国難だということも語られています。少子化を解決するためには、多くの人に婚姻をしてもらい、子供を産んでもらう社会を創らなければなりません。

そのためにも、出会いの場を提供することが、少子化問題に対する貢献であると考えたといいます。「出会いサポートセンターJUNOALL」では、年間1万人の婚姻を目指し、日本最大級のFCとして活動しています。数多くの人に出会いの場を設け、そこから婚姻へとつなげることで、少子化問題へ貢献しているのだそうです。

<地方創世と災害支援>

日本では、都心一極化が進み、年々地方から人が年々流出しています。今後の課題として、地方創世は欠かせません。APAMANでは、地方創世全国協議会を開催したり、スポーツ振興などで地域に誇りと活力を与えるための活動を行っています。また「あるあるcity」というショップを展開し、日本が誇るポップカルチャーを世界に発信することも行っているといいます。

そして近年何よりも大切なのが、災害支援です。大地震だけではなく、台風、大雨など、一年中何かしらの災害がどこかで起こっています。被災者に対する支援、住宅、物資の支援など、企業としてできることは可能な限り行う。それが、昨今の企業で最も大切な社会的な責任なのかもしれません。

どんなCSRを行っているのかで、その企業の社会的な価値や貢献度が分かります。APAMAN株式会社、そして大村浩次が、今後もどのように社会的責任を果たしていくのかが、会社の発展にもつながっていくでしょう。